1. HOME
  2. FAQ

FAQ

全 般

他のソフトとのデータの互換性はありますか?

DXF形式によるデータの入出力のほか、静止画(ビットマップ、メタファイル)や動画(AVI)、3DS形式への出力も可能です。また構造材に関しましてはプレカットCADとの連携も行えます。

マンション表現は出来ますか?

詳細設計を除き対応しています。階層制限もなく高層マンションを作成することもできます。

敷地の入力はできますか?

領域入力・三斜入力・座標入力の他、スキャナーやデジカメでの入力も可能です。また、傾斜地・高低差といった入力にも対応しています。

バリアフリーに対応していますか?

対応しています。また、設定変更も容易に行うことができます。

給排水・電気・ガス・換気等の設備図を作成できますか?

各設備マーク簡易および配線を簡単に配置でき、数量の拾い出しも可能です。

推奨の動作環境は?

Walk in homeでは、以下の動作環境・システム要件を推奨しております。

[ Walk in home ]

■対応機種:PC/AT互換機(DOS/V機)
■CPU:(推奨)Intel Core iシリーズ 1.0GHz以上 または同等スペックのCPU
    (最低)Intel Pentium(R)4プロセッサ 1.0GHz以上 または同等スペックのCPU
■ハードディスク:1.0GB以上の空き 
■メモリ(RAM):(推奨)4GB以上 (最低)1GB以上
■ビデオメモリ(VRAM):OpenGLをサポートしたグラフィックボードが必須 (ハードウェアアクセラレータが有効になる機種を推奨)
 (推奨)512MB以上 (最低)128MB以上
■OS:Windows 7 / 8 / 10
■表示解像度:(推奨)SXGA(1280×1024)以上、WXGA(1280×768)以上 24ビットフルカラー/ハイカラー
       (最低)XGA(1024×768)以上 24ビットフルカラー/ハイカラー
■インターフェース:USBインターフェース(※プロテクトチップ接続用インターフェースが1ポート必要になります)

※環境によっては上記環境を満たしていても動作しない場合があります。
※特定のグラフィックボードでは一部の機能がご使用になれない場合もございます。
 詳しくはこちらのPDFファイルをご覧ください。
「特定のグラフィックボードでWalk in homeがシステムダウンしてしまう」不具合の件についてのお知らせ(33.2KB)

Adobe Reader

PDFファイルを閲覧するにはAcrobatReaderが必要です。右のリンクより必要なプログラムを入手のうえご覧ください。

[ V-Ray ]

■CPU:Pentium 4 以降のCPU必須 (SSE2対応)
(推奨)Intel Core i7-5960X (最低)Intel Core i5等4コアCPU
■主記憶メモリ:(推奨)16GB RAM (最低)4GB RAM 以上
■OS:64bit Windows 7以降のバージョン(32bitは対象外)
■TCP/IP[IPv4]ネットワーク環境(インターネットに接続する必要はありません)
■USBポート必須(USBドングル用)
 ※グラフィックボードを使う場合
 (推奨)NVIDIA GeForce GTX980Ti(6GB)
 (最低)NVIDIA GeForceGTX780(3GB)以上 

システム要件

[ Walk in home ]

■Microsoft Excel 2010 / 2013 / 2016
■Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ
■.NET Framework 2.0 SP2

[ V-Ray ]

■Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)

※Microsoft Windows、Microsoft Excelは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※Pentiumは米国Intel Corporationの登録商標です。
※Intel、Intel のロゴ、Intel Coreは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
※その他表記されている商品名や用語は一般に各社の登録商標、商標です。
※製品の仕様は予告なく変更する場合があります。

プレゼン関連

プレゼンボードは作成できますか?

WIHで作成した、画像・図面を簡単な操作で配置し、作成可能です。
作成した図面をDXFファイルで出力できますので、DXF形式のファイルを取り扱えるCADやCGソフトで編集ができます。

ウォークスルー機能はありますか?

新たなCGエンジン(OpenGL)の採用により、ハイクオリティなCGの住空間を自由に歩くことができます。

電子カタログには対応してますか?

メディアプレスに対応してます。

意匠関連

法規チェックは何ができますか?

斜線・構造(46条耐力チェック)・採光・換気の法規チェックを行えます。

性能表示には対応してますか?

構造の安定について目標等級に応じたシミュレーションを行うことができます。

設計図書を出力できますか?

確認申請に必要となる『敷地・配置・平面・平面詳細・屋根伏・立面・断面・展開・建具表・天井伏図・ALV表・鳥瞰・俯瞰・パース』等の
各種図面を一括で自動作成できます。

構造関連

伏図は作れますか?

『基礎伏図・梁伏図・小屋伏図』を作成でき、プレカットCADとの連動もスムーズに行えます。

軸組みはパースで表現できますか?

表現できます。また、パース上で梁・柱・筋かいの変更・修正が行え、材種や収まりのチェックができます。

その他

どのように購入すればよいのでしょうか?

本製品は販売代理店方式をとっております。 大変恐縮ではございますが、弊社販売代理店にお問い合わせください。
ご不明な場合は、弊社問合せ先までご連絡ください。弊社販売代理店をご紹介させていただきます。

価格はいくらですか?

本製品はオープン価格です。大変恐縮ではございますが、弊社販売代理店にお問い合わせください。
ご不明な場合は、弊社問合せ先までご連絡ください。弊社販売代理店をご紹介させていただきます。