1. HOME
  2. Walk in home とは
  3. 入出力関連機能

新時代をデザインするハウジングソリューションCAD Walk in home とは

入出力関連機能

手書き認識

専用図面用紙に描いた手書き図面をスキャナで読み取るだけで、瞬時に3次元パースが立ち上がります。図面の表記は、一般的なもので、定規などは必要なくフリーハンドでOKです。

詳しくはこちら
各種図面出力機能

Walk in homeで入力したデータから平面図や立面図、展開図、建具表などの図面を一括作成することができます。また確認申請に必要となる各種面積図や構造平面図・軸組計算図などの根拠図も作成できます。

詳しくはこちら
データエクスポート

Walk in homeで作成した物件データは、下記のデータ形式で出力することができます。

ファイル形式 主な使用環境
3D-DXF形式 主に他社CGソフトで利用可能
3DSファイル形式 主に他社CGソフトで利用可能
共有ファイル形式 プレカットなど他社CAD側で必要なデータを取り込める共有ファイル形式(テキストベース)
"宮川プレカットCAD
I/F ファイル形式"
宮川工機MP-CAD2000 用中間インターフェイスファイル(バージョン1.10)
AJFファイル形式 アークレンダーゼロ用CG専用ファイル
VRML ファイル形式 "ウェブ上で3次元グラフィックスを表現することができるファイル形式"
DMFファイル形式 DTSモデルフォーマット(独自ファイル形式)
"RIKCAD
I/Fファイル形式"
外構CADのRIKCADへのインターフェースファイル
ADSWINファイル形式 天空率算出ソフトADSWIN 用概略建物モデル出力ファイル
プレカットCAD連携

Walk in homeで作成した間取りおよび伏図関連のデータを、プレカットCAD側に送ることができます。また逆に、プレカットCADで作成したデータをWalk in homeに取り込むことができます。意匠では柱と屋根、伏図では構造/羽柄材全般を取り込むことができます。

積算数量出力

建物モデルの数量表を表計算ソフトで利用できるように、CSV形式で出力することができます。また、積算数量確認のダイアログを表示した状態で建物モデルを変更すると、即座に数量表に変更が反映されます。建具・設備系については、積算数量とは別ファイルでのCSV出力が可能です。

画像出力

画面上に表示されている2次元画像を他社ソフトで利用できるように各種ファイル形式で出力できます。サポートするファイル形式はメタファイル(*.wmf)、ビットマップ(*.bmp)、dxf、jwc、jww、epxの6種類です。DXFファイルはレイヤー分けされた2次元の線画として出力されます。