1. HOME
  2. Walk in home とは
  3. 構造関連機能

新時代をデザインするハウジングソリューションCAD Walk in home とは

構造関連機能

伏図作成機能

入力されたプランをもとに、基礎伏図を含む各種伏図を自動的に生成することができます。

詳しくはこちら
軸組みパース表示機能

作成した伏図を、意匠同様にパースで表現することにより、目で見て構造躯体のチェックをおこなうことができ、ビューパネルで内部を見ることもできます。

詳しくはこちら
耐力壁/金物自動配置

Walk in homeで作成したプランに、あらかじめ通し柱・隅柱・管柱などの諸要素を入力しておくことで、耐力壁の自動配置がおこなえます。 また、耐力壁入力後、かすがい、羽子板ボルト、ホールダウン金物など金物類の自動配置もおこなえます。

木拾い

作成した伏図より、入力されている構造材の木拾いを行うことができます。土台や柱などの部位別、樹種、材寸ごとに切り回しした本数や歩留まりを算出・表示する木拾い表や、部位別に木材の立米数を算出・表示する立米表を作成することができます。また、各一覧表をCSVファイルとして出力、積算作業に利用することが出来ます。

木拾い
ボードレイアウト

作成した建物の野地板・サイディング・構造用壁合板・構造用床合板の最適割付けを行うことができます。
各種割付け図を作成できるほか、割付けした数量データは、積算ソフトで利用できるようにCSV形式で出力することができます。

ボードレイアウト