1. HOME
  2. Walk in home とは
  3. 意匠関連機能

新時代をデザインするハウジングソリューションCAD Walk in home とは

意匠関連機能

高層階対応

Walk in homeは入力・表示に階数制限はありません。2階建て、3階建ての住宅だけでなく、中高層マンションのプレゼンにもご利用いただけます。

高層階対応
建具AI機能

各居室・収納などの部屋空間やバルコニー・ポーチなどの外部領域の入力情報を判定し、開口を表す2点を指示するだけで、部屋属性に合った建具が自動的に設置されます。

建具AI機能
組合せ建具

パース上の簡単な指示で組合せ連窓建具を表現をすることができます。建具開閉では同時に開閉するほか、積算上も1組として算出されます。

組合せ建具
構造材の意匠表現

天井高が高い場合や、吹抜け、部分天井などがある場合、構造材を室内パースで自動表示されます。

構造材の意匠表現
敷地高低/傾斜地対応

高低差のある敷地表現やビルトインカーポート表現にも対応しています。地下層がある場合には、ドライエリアも作成できます。

敷地高低/傾斜地対応
複数外周領域対応

集合住宅など同一層に複数の外周領域が存在する場合の平面・パース表現ができます。

複数外周領域対応